アイドラーのアームは可動する方が便利なのです。

取り合えず、サクサクとサスアームを接着
 
履帯は接着連結式なので、、、
アイドラーのアームが可動する様に、組み立てます。
 
360度、ぐるぐる回るほどでなく、30度ぐらい、「コキコキ」動く程度ですけど、履帯の張度調節には便利なのです。

by シタデル  at 04:47 |  パンターII (昔のドラゴン) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

製品の発売履歴


完成品一覧
Thank You for Your Access
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
B (2)
L (1)
M (3)
N (2)
S (1)
シタデルミュージアム ACT-1
RSSリンクの表示