東京都の青少年健全育成条例改正案が民主党の反対で否決された。

 私は規正賛成派だが、所謂「表現の自由」を盾に子供をモチーフとするエロ描写を行う方達にすれば、「断固反対」なんでしょう。
基本的に「18歳未満閲覧禁止」の媒体であるが、幼児や子供をモチーフに、如何わしい行為が描写されてるなんて、どっか欺瞞を感じざるを得ない。

 成人社会の人間関係において恋愛感情や性行為は、ある種、自然発生的に生じるケースもあろうが、それはあくまで「成人同士」でしょ?
子供相手に、そーゆーケースが生じるか?なんて愚問、是非にも至らん。(私の場合、同性も含めて)
故に、子供相手に性衝動をモヨオス類は、やはり反社会的人間として規正されて当然であるし、たとえ「架空の未成年」との括りが前提があっても、幼児や子供をモチーフに性行為を描写するなんて、やはり変質的であると判断せざるを得ない。

「いやぁ~、表現の自由すっわぁ~」「架空世界で幼児相手にエロ妄想してるだけっすわぁ~」

などと、言い訳しもって子供達に近づいてきても、周囲の大人たちから距離を取る様に仕向けられても致し方無かろう?

、、、、にしても反対しているのが、「民主党」って言うのがネぇ(笑)
やっぱ、キャミソール荒井のテコ入れか?

(公費を私的流用して購入した「少女漫画」は、実は!エロ漫画だったのか?)


Welcome to ZITADER blogram投票ボタン,人気ブログランキングへ
by シタデル  at 14:00 |  ●些細な日常&住んでるトコロ、行ったトコロ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

製品の発売履歴


完成品一覧
Thank You for Your Access
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
B (2)
L (1)
M (3)
N (2)
S (1)
シタデルミュージアム ACT-1
RSSリンクの表示