カップヌードルのブランド力

これだけで食事を済ます事は無いし、(それに、これだけで食事を済ますのは如何な物か?とも思う)全部の種類を食べた訳では無いが、普通のとシーフードとカレー味のカップヌードルは美味いと思う。
何だか良く分からないインスタント食品に比べ、「カップヌードル!〇〇円引き!!」なんてコピーが折込チラシを飾るぐらいだから人気、認知度も高いのだろう。
インスタント食品の強みは、フタをめくって、お湯を注くだけの手間要らずに有ると思う。
しかし、コレ(↓)はそんな強みを捨てて、別に器を用意しなければならないのだが、こういう商品展開が可能なの

も、「カップヌードル」のブランド力の為せる技か?
陳列されるコーナーはインスタント食品のコーナーであるが、カップ入りでも無ければ、袋入りでも無い。
扱う側とすれば「どこに並べるべきか?」や、売れるんかい?と躊躇して当然だと思う。
やはり「カップヌードル」のブランド力が無ければ、陳列には至らないだろう。

ps カレー味は売ってなかった。


Welcome to ZITADER blogram投票ボタン,人気ブログランキングへ
by シタデル  at 00:50 |  ●些細な日常&住んでるトコロ、行ったトコロ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

製品の発売履歴


完成品一覧
Thank You for Your Access
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
B (2)
L (1)
M (3)
N (2)
S (1)
シタデルミュージアム ACT-1
RSSリンクの表示