先月の28日より都内ローソンにて、セルフレジの運用が始まった。(ハズ)
セルフレジでの決済はスイカ等を利用して行うらしい。
多分、ローソン側は「レジ混雑の主因はつり銭収受にある」と、考えているらしいが、レジの混雑の原因はマニュアル過ぎる接客にあるんじゃないか?
弁当買う度に、
①「お弁当温めますか」
「ハイ」
②「お箸要りますか」
「ハイ」、、、、と一連の流れ。
①は省けないが、②は省いて、サクサクと箸を同梱すれば良いのでは無いか?
それと何時の間にやら導入されているポイントカード。
これも必ず店員は、「カードお持ちですか?」なんて質問してくる。
店舗等のポイントカードを所持するのにやぶさかでは無いが、ローソンのは住所氏名連絡先に加えて「生年月日」まで記入しなくちゃならない。
そんな手間な物をコンビニ用に申請する客なんて居るんやろか?
で、これに関しても客が持っていないと申し込みのパンフなんかをレジ袋に入れようとする。
客がコンビニに求めるのはスピーディさだと思うのだが、最近のコンビニはちっともそうじゃない。
味に拘る余り、作るのが手間で調理後に細々とした空き袋が生じるカップめんの様だ。


Welcome to ZITADER blogram投票ボタン,人気ブログランキングへ
by シタデル  at 23:11 |  ●些細な日常&住んでるトコロ、行ったトコロ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

製品の発売履歴


完成品一覧
Thank You for Your Access
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
B (2)
L (1)
M (3)
N (2)
S (1)
シタデルミュージアム ACT-1
RSSリンクの表示