2010-06-07

それは違う

 一週間強で、すっかり過去の人になってしまった鳩山元首相。
彼の辞意会見で「国民が私の話に耳を貸さなくなった」との件にメディア等々でも批判的に受け止められていたが、やはり私も「国民が私の話に耳を貸さなくなった」発言についてはそう思う。

 鳩山さんは「耳を貸さなくなった」と言っていたが、それは違う。
多くの国民は、この8ヶ月間余り噴出する問題に対しての首相の発言に常に耳を傾けた。
例の「腹案」発言の時など、特にそうだろう。
しかし、鳩山さんは何等「国民に理解可能」な案を提示しなかった。

 多くの国民は鳩山さんの発言に注意をはらった。
しかし、鳩山さんの発言は一国の首相としては何等意味の無い物が殆どだった。
国際社会は「コクサイシャカイ」と言う名前の仮想空間では無く、ツイッターレベルの戯言で「拍手ボタン」が押されてアクセス件数が増え、人気ブログになってオッケー!な訳が無い。
鳩山さんがアバターで無い様に、国民一人一人もリアルに生き、各々判断力を持った人間だ。

 鳩山さんの発言に耳を貸しつづけ、鳩山内閣と民主党を判断しつづけた結果が、支持率の急落になったのだ。
耳を貸さなかったから支持率が低下したのでなく、耳を傾け続けた結果、「鳩山じゅ駄目だ」になったのだ。

 鳩山さんこそ、国民の反応に注意を払った事はあるのだろうか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zitader.blog.fc2.com/tb.php/160-faa1289c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) シタデルの使って読んで. All rights reserved. Template by Underground
まとめ