外掘り埋めに入ったか?

菅首相の消費税10%発言。

参院選前に普通なら考えられんが、民主党への今の支持率なら、ある種かけても良いだろう、と判断したか?
多くの国民はやはり、民主党に投じるだろう。
演繹的に判ずるなら、菅首相の「10%発言」に本意でなくても支持した事になる。
「増税断固反対!」なら国民新党に投ずるべきだが、やはり基本連立政権故、屁のツッパリ程度か?
「増税ありき」の福祉政策を謳ってるが、依然として具体的な福祉政策には触れていない。
これじゃ「取り合えず金集まってから考えますわぁ~」なんじゃない?
福祉モデルも提示せずに、「福祉政策の為に消費税上げまーす!」なんて、少なくともオレは納得行かんけどネ。
(しかし、テレビ等の街頭インタビューでは妙に「仕方無い」「止むを得ない」な回答が多数を占めてる。 ナゾ)
 消費税なんて、本々「税負担を広く浅く公平に」と、国民の反対を押しきって導入されたシステムだ。
所得格差、雇用格差が、こうまで開きつつある現状、「税負担を広く浅く公平に」なんて不合理だ。
消費税率のアップより、所得税率と固定資産税の税率アップ検討すべきだ。
消費税率のアップなんて、益々低所得者層に耐乏生活を強いるだけだ。
また、経済活動の低成長を来すだけである、消費税の増税断固反対!


Welcome to ZITADER blogram投票ボタン,人気ブログランキングへ
by シタデル  at 14:04 |  ●些細な日常&住んでるトコロ、行ったトコロ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

製品の発売履歴


完成品一覧
Thank You for Your Access
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
B (2)
L (1)
M (3)
N (2)
S (1)
シタデルミュージアム ACT-1
RSSリンクの表示