発端と降下

ラズター直轄のブラウセクションのテストパイロット「シュバルツ・シュターク」は開発中の新式器材「ヴァイパー」を奪い、火星へ逃亡した。

 ラズターはシュタークの捜索と捕縛を命じるも、狡猾なシュタークに翻弄され、試みは全て失敗した。
上院政府関係者を含むシタデル上層部の叱責と圧力に、全セクションより志願員を募り自らがシュターク捕縛に乗り出す事となった。
 
 事態の長期化とヴァイパー運搬を考慮し、上院政府からは六六艦隊中最大の宙空戦艦「A7000V」の使用権を与えられるも、シュターク捕縛が成就するまでは地球への帰還は認められない事とされた。
「勝利か?死か?」のような決定であったが、ラズターは「私は"魔笛"より"失楽園"が好きだ」と言い残し、一向に気にも留めない様子だった。

 シュタークの逃亡潜伏先である火星軌道上から、厳しい決定を一向に意に介さず下院政府のオブザーバーとして捜索を監督しているラズターと異なり、志願したとは言え、進展のないシュターク捕縛から乗員の士気は日毎に低下していき、そして奇妙なパックに身を包み、「飼い犬に手を噛まれた」ようなラズターや、火星の下院政府への不信から艦内の規律は乱れ、乗員の命令不服従も生じ、いずれ反乱へと発展しかねない状況であった。

 ラズターは艦内規律回復と士気高揚、シュタークの速やかな捕縛のため、上院政府の許可を受けずにオブザーバー的立場を放棄し、捜索部隊を編成し火星に降下させる事とした。

 シュタークを捕縛しないと地球に戻れないラズター達には、失うものは何もなかった。
by シタデル  at 09:48 |  Epsode-1 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

製品の発売履歴


完成品一覧
Thank You for Your Access
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
B (2)
L (1)
M (3)
N (2)
S (1)
シタデルミュージアム ACT-1
RSSリンクの表示