娼婦のような

凛とした暗闇

金の泡沫
真珠の優しさ
銀のせせらぎ

「娼婦の様な紳士に出会った。
彼はボクにビジョンを見せてくれた。

ソドムの地にてパリサイ人は輪舞する。
パリサイはパリサイのためにソドムを、
ソドムはソドムのためにパリサイを必要とする。

無限の輪舞、
鮮血のステップ、
永遠のパートナー、
全てが総てに帰するまで、血は流れ滴る。

紳士の様な娼婦に出会った。
でも彼女に出来る事は限られているので、ボクは彼女を見限った。
そして彼女はボクを「オマエもあたしもパリサイ人だっ!」と罵る。
そうだ。
いまや、オレはパリサイ人だ。」

暗闇の宇宙、乱舞するヴァイパー。
その中でオレは詩っていた。
ところで、「パリサイ人」って何だったけ ?
by シタデル  at 09:53 |  Epsode-1 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

製品の発売履歴


完成品一覧
Thank You for Your Access
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
B (2)
L (1)
M (3)
N (2)
S (1)
シタデルミュージアム ACT-1
RSSリンクの表示