マスターモデラーズ 56号

2008年春に出版された本ですから、もう9年も前の本ですね。
025_20170120135403312.jpg
特集のドーラ関連が楽しめます。
D-13の実機は触ったことも見た事がないので、機首側面の膨らみが今一良く分からないのですが、この56号で作例として紹介されている、D-11は、「ああ、こういう感じかな?」と、理解の手助けに繋がるのではないか?と思います。

将来的には、このハセガワ様の1/32を改造して、D-11を作ろうか?と。
003_20170120135402b8e.jpg

ちなみに、以前はこういうキットもありました。
001_20170120135401f0b.jpg

今売られている、この32のドーラくん、、、
003_20170120135402b8e.jpg

今は無き、スギモトさんで買ったものでした。
004_201701201354010bb.jpg
とくに常連っていう事でもなかったのですが、量販店に無かったらスギモトさんに行く。って言う感じでしたね。

こっちのドーラくんは、ずぅ~と以前のA型の主翼に新規の胴体。メタルとエッチングの小物って感じで、パーツで見てる分には面白いんですけど、いざ作ろうとする、胴体に合わせて主翼の筋彫りのやり直し等が必要となるので、今となってはコレクターズアイテムでしょうね。
001_20170120135401f0b.jpg
002_20170120135359785.jpg
作りだすと、場所塞ぎなんですけど、全く組立てなければキットはさほど収容に困らないので、永遠にこのままかも?
って、マスターモデラーズの事、殆ど書いてない!
by シタデル  at 14:24 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

トライマスター 1/48 Fw190 D-12

んな訳で取り合えず完成したドーラくん。
006_20170120131246412.jpg
007_20170120131245194.jpg
009_201701201312446fc.jpg
010_20170120131243573.jpg
011_20170120131242ae9.jpg
012_20170120131241eef.jpg
015_2017012013152015c.jpg
シートベルトはキットに含まれているエッチングパーツをそのまま使用。
017_20170120131520c27.jpg
今でこそシートベルトのエッチングなんて珍しくも何ともないですけど、トライマスターさんが48のジャーマンプレーンを発売していた頃は、目玉パーツだったんです。
まぁ、所謂、「時代だなぁ~、、、」っていう類かも?

基本的にストレート組みなんで、何らアピールしたいところは無いんですよね~^^ (もう~ちょっと、愛想のある書き方は出来ないのか?)
018_201701201315195b1.jpg
019_201701201315183e5.jpg
020_201701201315177cf.jpg
022_201701201315169cc.jpg
024_201701201315367cc.jpg
うん。
やっぱ、模型って自己満足するのがベターだと思う。

塗装編に戻る?
by シタデル  at 13:39 |  1/48大戦機完成品 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

それが奈良

列島各地を寒波が襲った、この週末の早朝、自転車でお散歩。
001_20170115140418320.jpg

実は奈良県北部は積雪はおろか降雪も殆ど無し。
002_20170115140418573.jpg

盆地特有の放射冷却でただ寒いだけ
日本海側より朝の最低気温は低く、ただ寒いだけ
それがボコ
いや
それが奈良 (^^;

003_20170115140417f28.jpg

池から少し離れた場所のソーラーパネル。
005_2017011514041421f.jpg

「黒」は熱を吸収しやすいから、雀も暖をとっているのか?
006_201701151404130a7.jpg

何物にも染まらない「黒」
雀が集まる「黒」
集まり暖を取る雀たち。
けなげに寄り添う雀達。

がんばれ

がんばれ!

がんばれ~!!

ボコぉ~!!!

いや、雀 

場所は薬師寺の裏手でした♪
004_201701151404157d4.jpg
テーマ: 日々のつれづれ - 
by シタデル  at 14:14 |  奈良 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

フジミ 1/48 Bf109 K-4 (完成編)

とりあえず完成を迎えた、フジミさんのヨンパチメッサーのK型
001_20170114095357c4f.jpg
002_20170114095357f59.jpg
003_2017011409535667e.jpg
004_20170114095355c26.jpg
005_20170114095354c06.jpg
翼端灯カバーはクリアー化
007_20170114095441787.jpg
今のキットならクリアーパーツ化されてるんでしょうけど、20世紀のキットなので ^^
(仮にクリアーパーツが用意されていても、隙間埋めの手間はかかるので、体勢に影響は無いと思う)

013_20170114095518dcc.jpg
014_20170114095518734.jpg
015_20170114095517535.jpg
016_20170114095516a85.jpg
017_20170114095515982.jpg
020_20170114095514dc8.jpg
023_201701140955446b4.jpg
シートベルトは(有)ファインモールドのナノベルトを使用。
でも、キャノピーを閉じているので分からないですね。

024_20170114095542e96.jpg
025_20170114095541032.jpg
買ったのは発売直後だったから、、、
丸々25年ほど前かな?
今の模型シーンしか知らない若い人からすれば、当時の模型シーンなんて、想像を絶する場面だろうな。(な~んのこっちゃ♪)
一つ戻る
by シタデル  at 10:35 |  1/48大戦機完成品 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

トライマスター Fw190 D-12 塗装編

1/12のその2
75と82ではコントラストが付きすぎて、アレなので下面の76を薄めて、且つ筋状に吹いてウェザリングを。
007_201701120810588cf.jpg
008_201701120810579d6.jpg
009_20170112081056d32.jpg
画像では分かり難いですが、(←だれへの説明?)肉眼だと、大分吹く前と以後では違うのです。

010_20170112081056d1f.jpg
011_201701120810558a6.jpg
尾翼のモットリング周囲にも吹いて、エリアを狭めました。(←だから、誰への説明なんだろ?)

1/12
続いて上面を塗装。
002_20170112080750fb7.jpg
003_20170112080750ba3.jpg
004_20170112080749556.jpg
75と82の迷彩はビビッド過ぎて、受付にくいな~、、、
005_20170112080748d34.jpg
006_20170112080747921.jpg
垂直尾翼のモットリングは少し吹きすぎたかも?

1/9
とりあえずパネルラインに沿って黒を吹くナウ。(ツイッターじゃない)
001_201701100243419a6.jpg
002_201701100243400bb.jpg
003_20170110024339283.jpg
004_201701100243387ee.jpg

そして続いて、下面色を、、、
005_20170110024338400.jpg
006_201701100243372fa.jpg
007_201701100244051ff.jpg
008_20170110024404aeb.jpg
009_20170110024403116.jpg
010_201701100244022c0.jpg
結構、フレーム除けの出っ張りが良い塩梅だな~と。
うん。
模型ってやっぱ自己満足するのがベターだ (笑)

組立て編に戻る

by シタデル  at 08:15 |  メイキング(1/48大戦機) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
製品の発売履歴


完成品一覧
Thank You for Your Access
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
B (2)
L (1)
M (3)
N (2)
S (1)
シタデルミュージアム ACT-1
RSSリンクの表示