2015-03-20

POW その2

と言うわけで気分転換に作っている、プリンス君。
001_201503200524128d0.jpg

完全ストレート組みです。
002_201503200524110ce.jpg
003_20150320052410af6.jpg

エッチングパーツ、付けようか?と思いましたが、精密感は出てもスケール感が無くなるので、付けない事にします。
004_20150320052410156.jpg

2015-03-17

3月はスケールモデルフロンティア


3/10
午前中に結構な勢いで降雪。
3月も1/3が過ぎるのに、寒い一日でした。

3/9
脳の焦点化の原則
焦点化の原則により、脳は生来単一の事しか出来ない。
しかし、実生活の経験からそれはブレークスルーされ、習慣化され同時に複数の事をこなせるようになる。
獲得した思考の多層インフラも、
アウトプットとインプットの同一ベクトル乃至、同一媒体
しかし、折角の獲得形質もそれらにデリートされ、脳機能は生来の焦点化の原則に帰結する。

3/6
何気に電車
ホームのベンチに一人の若者がタバコを
手に黒い携帯の灰皿
本人さんはマナーを弁えているつもりなんだろうけど、ホームは終日禁煙ですから(^^)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150305-00050091-yom-int
ふ~~ん、、、
被害者じゃないから、被害者の怒りは分らないが、国が刑罰として加害者を失明させても、被害者の目が戻るわけじゃない。
加害者を失明させた事を、被害者は国に感謝して、これからの余生を送れるのだろうか?
送れないよな。
国が加害者を失明させて罰しても、被害者にとっては何の意味も無い。
犯罪抑止には繋がる、、のかなぁ?、光を失ったタクシードライバーがハンドルを握れない事、依然として彼は仕事を出来ないことには変わらない。
だから、こんな事をしても何の意味も無い。
何の意味も無い事を拍手喝采してる人、出来る人は浅慮で心が貧しく、自分のフラストレーションをぶつけているだけだ。
何かを行ったつもり、何かを導いたつもりでも何もしていない。
そして、これを忘れないうちに、
and then and then
and more and more
と、次に自分のフラストレーションをぶつけられる何かを探し始めるだろう。
だから結局、何も行ってない。
そして彼の地のタクシドライバーは失明したまま。
無意味だな~、、、
こんな事しても何の意味もありゃしない。

3/3
今~日は、雨!
明日確定申告に行くのは確定したん?

3/2
「関係無い」と言えば関係ない。
「オマエはオマエ、他所は他所」と言われれば、そーですが。
来月の30日で閉店の西友大和郡山店さん。
開店当時から知ってるし、(リーマンしてた頃は殆ど利用してなかったけど)
そんな長く知ってる店が、段々と活気を失っていく姿が本当にさびしく思いますね。
昨日から3階が閉鎖されました、、、。

3/1
と言うわけで3月のスタートであります。
も~、今月が正念場なのであります。
頑張れ!オレ!!

2015-03-15

信濃 1

信濃はやっぱ、大きいですね。
ダイソーさんのケースには全然全く。
003_2015031523073928f.jpg

なので空き箱を使って保管兼、移動ケースを
004_20150315230738748.jpg

ボックスアートを保管する方からすれば、噴飯ものであります。 
(-人-)スイマセン、、、
005_20150315230738857.jpg
011_201503152307373fc.jpg

2015-03-15

プリンス・オブ・ウェールズ(pw) 1

モロモロに行き詰まりに感じたので、ちょっと気分転換に全然違う事を。
009_20150315225632ba1.jpg

先月末に買ったプラケースにビス止め。
008_20150315225633c38.jpg

ドリルで「が~っ!」と荒っぽい事をすると、少し気分も変わるのであります。
012_201503152256311c4.jpg

2015-03-14

アスベストかも?

3/13税務署へ。
帰り、猿沢の池方面からJR奈良駅に向かって徒歩で移動。
「この辺も変わったな~」
「ここって以前は銀行じゃなかったかな~」と、軽い気持ちで解体中の建物をパチリ。
026_2015031414594275b.jpg

2~3枚撮影をしたところ、女性作業員が私に近づいて来て、どこの誰ですか?や、何をしてるんですか?と私の事を質問してくる。
こんな事は始めてで、怪訝に思いにつつも問われるままに応えていると、奥にいた責任者らしき人物が、「お寺の人?」「役所の人?」と声を荒げて質問。
「役所の人?」
「何を一方的に怒ってるのだろう?」と疑問に感じつつ、彼の方を向くと、「写されるのは気分悪いで!」と怒鳴り、何かを地面に投げつけた。

(書くまでも無く、私が写していたのは解体中の建物で、作業中の彼らには一切レンズを向けていない。
また、私が使っていたカメラは小型のデジカメで、レンズが交換できるような本格的なタイプではないので、彼らにプレッシャーを与えるには至らないと思うのだが?)


不可解な彼の様子にますます疑問は膨らむばかりだが、「この建物は以前は銀行じゃありませんでしたか?町並みの変化を撮影してブログに載せるだけです」と返答。
すると彼は、「もうええ!止めるわ!!」と叫び、全く会話にならず。
そばにいた、最初に私に話しかけてきた女性作業員が困った様子で「ああ言ってますので、このくらいにしてもらえませんか」と言うので私はその場を去る。

その場所を離れてから、撮影した画像を確認。
もしかして、鉄骨一面に付着している青白い物はアスベストではないのか?

028_20150314150019011.jpg 022_201503141459440e3.jpg
023_20150314145944d4f.jpg 024_20150314145943e87.jpg

また、3/13は風が吹いていたが、散水をしている様子は無く、建物をシートで囲って等の土ぼこり飛散対策もされていなかった。
025_20150314145943172.jpg 027_20150314145941442.jpg
私は素人で、実際のところはどうなのかは分らないが、彼が立腹したのは、彼にとっては何らかの不利な
証拠を撮影したからではないのだろうか?

、、、、見れば見るほど、吹きつけアスベストっぽいぞ。
場所は三条通り、浄教寺の隣り。

Copyright (C) シタデルの使って読んで. All rights reserved. Template by Underground
まとめ