2014-06-30

Au revoir

「隊長~!」
「おぅ! どうした祈願のATライフル担いでる割りには声がウルウルじゃねぇ~か?」
DSCF2443.jpg
「だって、今日でココ、閉鎖すっよ~(泣)」
「おぅ、分かってるよ」
「だったら、もっとボクみたいにウルウルしましょ~よ(泣&怒)」
「バッカ野郎! オレは隊長だからウルウルなんて出来ねぇ~んだよ。
それに、"ごめんなさい、、、、ボク、こーゆー時、どーすれば良いのかわからないの、、、、(しれ)"」
「、、、、た、隊長のお名前って、"アヤナミ"さんでした?」
「いや、"サンソケツボウ・ショウ"だ」

『ぎゃはははは♪』

「そんな事より、なんで突然の閉鎖なんです?」
「要するにアレだよ 手が回らないんだよ。
我が分隊が所属するシタデル小隊は基本スケールもんのレジンキットを作ってるべ?」
「ハイ」
「だから、ワンフェス等に代名詞される物販イベントに、イベント用の当日アイテム作って参加するのが、小隊としては大変なんだよ。」
「はぁ、、、、」
「だから、戦線縮小っていうやつだよ。」
「でもガレキ屋さんにとって、ワンフェスなんて掻き込み時なんじゃないですか?」
「いや、それは当日アイテム命!でやってるトコロだよ。 シタデル小隊は、基本スケールもんだから、いつでもどこでも誰にでもは勿論、卸しや海外にも販売してるから、そーそーワンフェス命!なモンではないし、故に普段がとっても大切なんだよ。」
「はぁ、、、、」
「だから小隊長殿は2009年の決意表明に立ち返って、「やっぱり、もう行きません」と言う原理原則を重視するんだとさ。」
「はぁ、そうだったんですか、、、、」
「まぁ、ある種、"野郎の決意"って言うやつだよ。
それに何だかんだ言っても、静岡のホビーショーにメーカー出展は果たしたからな。
シタデル小隊がシタデル中隊に昇格した頃には、、、、」
「した頃には、、、、」
「当日モンじゃなく、一般モンでオレ達が登場するかもよ」
おお~っ!
すごっいす~♪ 無っ茶楽しみっす~♪」
「だべぇ~だからウルウルしてる暇なんてねぇ~んだよ」
「う、嬉しくて返ってウルウルしちゃうっす~(泣♪)」
「フン、オマエは良い野郎だよ♪」

「、、、、と言うわけで行くぜ、 シタデル。
それまで、Au revoir!」
「イエッサー!」
DSCF2437.jpg

と言う訳で、「シタデル分隊」の1st シーズンはこれでおしまいです。
イベントで、「ブログ読んでます」とお声をかけていただいた方や、拙いフィギュアを熱心に撮影して下さった女性の方に厚くお礼申し上げます。
小社が、もうワンステップ昇り、機会が得られたなら、このフィギュア達に再登場してもらおうと考えてます。
だから、それまで、「Adieu」ではなく、「Au revoir」です。








でも、「シタデル分隊、2ndシーズン」は(↓)でやるかも(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/zitader_info/folder/1211643.html

2014-06-05

セーラーウラヌス

某、通販系の中古ショップさんで購入したセーラーウラヌスさんであります。
 
え~、第一次エウ゛ァンゲリオンブームの時、ブームに乗せられ、イロイロな新書サイズの解説書やらを読みふけったり、2万円(確か、、、)もした、綾波のレイちゃんのフィギュアを買った事はありますが、セーラームーンはフィギュアを買った事はおろか、番組すら見たことがありません。
 
本当です。
 
マジです。
 
神かけて、誓います。
 
「んじゃ、なんで、このフィギュアを買ったの?」
と、問われれば、う~ん、、、、なんとなく、どーゆー商品なのかなぁ~?と、製品内容等を見たくなったからであります。
加えて、売価が数千円ホドと、過去に綾波のレイちゃんのフィギュアに2万円出した事がある者としては、結構リーズナブルな値段に思えたので、まぁ、軽い気持ちで注文したのであります。
え~、ちなみに私が購入した「そっち系」のフィギュアは、件(くだん)の綾波のレイちゃんとスケール違いのレイちゃん、ミスティ・メイだったか?、レイというバニーさんのフィギュアだけで、あります。
(まぁ、3体も買ってるんだから、「だけ」と言うのは御幣があるかも?)
 
 
で、届いたのが(↑)のフィギュア。
写真では今一分かり辛いでしょうが、殆ど美品であります。
凹み等皆無。
もしかして、閉店した店舗さん等の在庫品だったのかも?
 
で、中身はこんな感じ。
スケールモデルが劇的に進化した様に、フィギュアモデルも劇的に進化を遂げた、ここ四半世紀。
昔は、このある種牧歌的な表現でも、「商品、製品」としてオッケーが出て、流通していたんだな~、、、、。と、時代の変遷を感じずには居られない商品でありました。

 
ちなみに、パッケージには「9800円」の定価表示が。
う~ん、、、、やっぱ、アニメフィギュアのキットは今も昔も、結構なお値段であります。
 

Copyright (C) シタデルの使って読んで. All rights reserved. Template by Underground
まとめ